本文へ移動

食事献立

社会福祉法人東京玉葉会 
特別養護老人ホーム第二青陽園

〒193-0801
東京都八王子市川口町1543
TEL.042-654-1301
 FAX.042-654-8828

特別養護老人ホームの運営
0
5
8
2
8
2
RSS(別ウィンドウで開きます) 

自家製とんこつラーメン

2024-06-07
先日は自家製とんこつラーメンを提供しました。
豚骨を煮込んでスープを作る一手間をかけたので、あえて
『自家製』と表記しました。
 思いのほか豚骨が硬く骨を割る作業には文字通り骨を折りましたが、大御所調理師たちの活躍により無事、骨の髄のエキスまで抽出できたかと思います。
事前に告知もしていたので他職種の方からも「おいしかったよ」
「大変だったでしょ?」等あたたかい声をかけて頂きました。
この日だけではなく日頃から声をかけて頂けてる事はモチベーションアップに繋がっています。


私はたまに作業工程が複雑な料理、施設の食事では珍しいであろう料理を献立に取り入れています。
それに対して面倒だと思ったり、煩わしく思う調理師の方は世の中に一定数いるかと思います。

当施設の厨房で働く調理師さんたちはそんな私の献立、やりたいことに理解を示し、耳を傾け、協力的な姿勢でいつも業務に取り組んでくれています。
このことに本当にいつも感謝しています。

このような環境下で仕事が出来ることは管理栄養士冥利に尽きる思いです。
今後も謙虚さを忘れずコツコツやっていければという所存です。

                                 管理栄養士 安藤

ミ〇ノ風ドリア風

2024-05-20
今回は某ファミレスの人気メニュー再現レシピの紹介です。

1.ご飯はターメリックを入れ炊き上げる
2.バットにご飯を敷き上からホワイトソースをかける。
3.その上にミートソースをかける。
4.その上にピザ用チーズをかける。
5.オーブンで240℃11分焼く。

わたくし自身、本場ミラノのドリアの味は正確には覚えていないので再現性の精度に関しては何とも言えませんが美味しく焼き上がっていました。

尚、『今日のメニューは美味しい、残した人なんていないんじゃない?』と最大級の賛辞を送って下さった入居者様もいらっしゃれば『普通の白いご飯の方がいい』とおっしゃる入居者様おられました…

理想の給食探究の日々はこれからも続きます。

韓流ブーム

2024-04-08

遅ればせながら当施設にも韓流ブームがやってきました。

今回は『巻かないキンパ』のご紹介をさせて頂こうと思います!
『キンパ』というのは韓国ののり巻きを指すのですが、のり巻きですと食べづらい方もいらっしゃるので混ぜご飯風にアレンジして提供しました。

作り方は簡単で、塩とごま油で調味したご飯に写真の具材を混ぜるだけです!
お好みで豆板醤を入れるとより味にメリハリがつくのでおススメです。

概ね、皆様方の箸も進んでいる印象でしたし、お子様にも喜ばれる一品かと思いますのでご家庭でもぜひお試しください!





海鮮丼とローストビーフ丼とインバウン丼と(令和6年3月21日)

2024-03-21
本日は事前にお伝えしました通り選択食を実施しました。
イケメン料理人の活躍により、ローストビーフは以前に比べ一段上の焼き上がりです!
普段より残菜量が少なかったことは喜ぶべきか否か複雑ですが、厨房職員一同充実した一日になりました。

昨今の観光地の飲食店では訪日観光客向けの価格設定になっているようで、海鮮丼にしても一杯4~5000円するのも珍しくないとのニュースを見かけます。
当施設の食事は適正価格で安心安全に運営しておりますのでどうぞご安心ください!(笑)




京風たぬきうどん

2024-03-15
今日は『京風たぬきうどん』というメニューを提供しました。
白出汁ベースに具は油揚げ、ねぎ、しめじを入れ、おろし生姜を上にのせてあります。
名前の由来は諸説あるのですが、めんつゆにはとろみが付いており狐が狸にドロンと化けたとの駄洒落が由来との説が一つあります。
味の方は白出汁におろし生姜がいいアクセントになっており、普段のきつねうどんより品がありながらパンチのある仕上がりになりました。

メニュー名を紹介した入居者様は「そう言えば逆になってるね~」と笑っておられました。
TOPへ戻る